ブログ

Dexcom G7:糖尿病測定技術の進化

札幌駅近く、大通駅近くの小野百合内科クリニックです。今回は2024年5月に日本で発売が決まったDexcom G7について海外での情報をもとに一足先にまとめてみました。(このブログは海外でのデータをもとにしているため、日本での販売の際は異なる可能性があります。ご了承ください)

はじめに

糖尿病管理のための連続血糖モニタリング(CGM)システムは、ここ数年で大きな進歩を遂げました。Dexcomの最新モデルであるG7は、その最先端を行く製品の一つであり、G6モデルの技術的な基礎の上に、いくつかの革新的な改善を加えています。このブログ記事では、Dexcom G7とG6を比較し、G7がどのように糖尿病技術を次のレベルへと引き上げているのかを探ります。

Dexcom G7とG6の比較

Dexcom G7は、G6の強力な機能を継承しつつ、新たなブレークスルーを実現しています。G7は大人と子供の両方が使用でき、2歳の幼児から妊婦まで、より広い範囲の糖尿病患者に対応しています。このシステムは、G6に比べて60%小さく、着用時の不快感を大幅に軽減しています。また、センサーの暖機時間が30分と2倍速くなり、センサー交換の猶予期間が10日間の着用の後に12時間提供されます。さらに、防水機能も備えており、水中での活動がより自由になりました。

Dexcom CGMの進化

Dexcomは、2015年にスマートデバイスで直接血糖データを確認できる初のCGMシステムであるG5 Mobileを発売しました。続いて、G6ではサイズを小さくし、使用しやすく、装着感を向上させました。Dexcom G7は、これらのイノベーションをさらに推し進め、最も正確なCGMシステムを提供し、使用者に優れた体験を提供します。

G7の新機能と進歩

Dexcom G7は、アプリのアップデートやグルコースアラートの改善を含む、CGM技術のいくつかの注目すべき進歩を実現しています。例えば、新しいセンサーとトランスミッターは一体型で、非常に快適に着用できます。また、新しいアプリは視覚デザインが一新され、アラートの強化が図られており、血糖レベルの状況を理解しやすくなっています。

Dexcom G6からG7への切り替え

Dexcom G6のユーザーがG7に切り替える際には、いくつかの点を考慮する必要があります。医師と相談し、自分の糖尿病管理計画に変更が必要かどうか、そしてDexcom G7が自分に適しているかどうかを検討することが重要です。

結論

Dexcom G7は、糖尿病管理をより簡単でアクセスしやすくするための最先端技術を提供します。G6からの進化を通じて、DexcomはCGMの利便性、快適さ、そして効率性をさらに高めました。G7は、糖尿病患者が日々の血糖管理をより効果的に行うための強力なツールとなりそうです。

いかがだったでしょうか。当院では新たな情報が入り次第またブログでまとめてみようと思います。

今回はこの辺で。また次のブログでお会いしましょう。

札幌駅近く、大通駅近くの小野百合内科クリニック。